スポンサーリンク

鼻炎やぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、ダニとその屍骸などが原因になることもあります。花粉の季節でもないのに、鼻炎が続く時は、ダニアレルギーである可能性を考えてみるとよいですよ。
どんなにきれいに掃除をし、清潔にしている家でもダニはたくさんいます。特に家のなかの布類の中、布団や枕、ソファカバー、カーテン、絨毯などにたくさん生息しています。

洗濯では洗い流せないダニ

ダニがいるという布団や枕カバーを、「まめに洗濯をしています」という方は多くおられると思います。しかし、洗濯だけではダニを洗いながすことができません。さらには洗うことでダニが死ぬこともほとんど期待できないのです。

また、布団は天日干しで乾燥させるという方法も、それほど効果がないのです。というのも、ダニは乾燥では死ぬこともなく、天日の温度では布団などの繊維の中にダニが潜り込んでしまうだけで、除去することはできないからです。天日で温められて繊維にもぐりこんだダニは、温度が戻ると活動的になり、また布団などのなかで動きまわります。

ダニの苦手は高温

では、ダニの苦手なものが何かというと、高温な熱なのです。
ですから効果的な対処方法は、洗濯の後、乾燥機に30分以上かけること。温度は50度以上。天日ではここまでの高温になることがないため、ダニを駆除できないのですが、乾燥機でなら高温乾燥が可能です。布団乾燥機を使って、しっかり高温で乾燥させるとよいですね。自宅にない場合は、コインランドリーに大きな乾燥機があります。
一般に布団乾燥機の場合は2時間弱ほどかけて、高温で温めることが必要です。


スポンサーリンク

乾燥機の後は布団クリーナー

乾燥機でダニを退治したら、その屍骸などをしっかりと掃除機ですってしまいましょう。専用の布団掃除機でダニの屍骸をすうことでアレルゲンの除去が完了します。高温乾燥、そしてクリーナーで吸い取る。2ステップでダニ退治が完成です。

布団クリーナーがない場合は、普通の掃除機に布団専用ノズルをつけてじっくりとすってください。