スポンサーリンク

母が使い捨てカイロを肩に当てていて、低温火傷をしてしまいました。
結構広い範囲でなかなか治らず、洋服がすれてあたるので痛い、痛いと言っていました。
そうしたら、ある人に馬油(バーユ)を塗ったらいいよと勧められ、塗ってみたらすっと痛みがとれ、効いてきました。

実は、私は5年来、朝晩、洗顔後に馬油を顔に塗っています。
乾燥と脂性の両方がある肌質なのですが、馬油がどちらにも良く、この間、大きなトラブルもなく、シワも増えず、透明感もできるという、とても効果があるお気に入りの美容法です。

あかぎれ、ひびに馬油が効く、天然の油脂がおすすめな理由

スポンサーリンク


それなのに、火傷に効くなんて〜!5年も愛用していたこれ(馬油)が〜っっ!という驚きでした。

馬油って万能だったのです。

馬油は火傷に効くの?

ということで、馬油って何だろう、どうして火傷に効くんだろうと思い、その効能を調べてみました。

馬油といえば、薬師堂のソンバーユというブランドが有名です。
馬油という言葉は薬師堂の登録商標。元祖なのです。




薬師堂の直江昶氏は著書「馬油と梅雲丹の研究」で、民間療法として馬油の効能を研究されています。

先ず、一秒でも早く馬油を塗布すること、水冷は不要』

その理由は、

「完全に皮膚の空気(酸素)を排除し、遮断するからです。水で冷やしても、毛穴の奥や皮下組織に空気(酸素)が残りますから、その酸素が尽きる何分間かは、火傷は進行します。馬油を塗布すると、三十秒で火傷の進行は停止します。相当ひどい火傷でも直ぐに塗布すれば、痛みも数分で和らぎます」



スポンサーリンク