スポンサーリンク

アメリカの友人に、アメリカ土産でマヌカハニーをすすめられました。今、ニューヨークで話題だそうです。

マヌカハニーとは、『マヌカ』(学名:ギョリュウバイ)というニュージーランドやオーストラリアでしか自生していない野生のフトモモ科の木に咲く花から採取されるハチミツで、普通のハチミツよりもずっと濃厚でどろっとした、まるでキャラメルのような食感です。
オーストラリアのマヌカは非常に少量で、流通しているものはほぼ100%ニュージーランド産です。

マヌカハニーは花粉症をはじめとしたアレルギー症状や大腸菌などの殺菌作用、咳、鼻水などの辛い症状を軽くするのに効果があると言われているのです。

ちなみに、マヌカはニュージーランドの先住民・マオリ族がその樹液を薬として利用していた木で、マオリ語で「復活の木」「癒しの木」という意味。
小さな花が夏の季節に4週間ほどだけ咲きます。

抗菌力が強いマヌカハニー

「奇跡の蜂蜜」マヌカハニー。
昔から「復活の木」と呼ばれ薬として重宝されてきたのは、強力な殺菌力を持つためです。
大腸菌、ピロリ菌の抑制や殺菌、消化性潰瘍やそのほかの感染症の治療に高い効果があると発表され、世界中からの注目を集めました。
 もともと蜂蜜には殺菌力や抗菌力はありますが、マヌカハニーほど強力な効果を持つ蜂蜜はありません。

MGO(メチルグリオキサール)

 マヌカハニーの殺菌成分、それはMGO(メチルグリオキサール)。
ドイツのドレスデン工科大学の食物科学研究所所長であるトーマス・ヘンレ教授率いる研究チームは全世界から80以上のハチミツを試験しました。
その結果は、ほかの蜂蜜は食物メチルグリオキサール(MGO)の濃度が7mg/kg以下でしたが、一部のニュージーランド産マヌカハニー中のMGO濃度が、通常の蜂蜜より70倍以上も高い30mgから700mg/kgもあることがわかったのです。

 マヌカハニーにはいろいろな種類がありますが、このMGO数値の高いものが殺菌効果が高いマヌカハニーです。

マヌカハニーが花粉症の人におすすめなのは?

 マヌカハニーの特徴は殺菌力であり、それは大腸菌やサルモネラ菌などに強く働きかけ、殺菌してくれます。
 一方、花粉症などのアレルギー体質の方にもおすすめなのは、マヌカハニーには腸内にあるプロバイオティクスと呼ばれる善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やす「グルコン酸」が多く含まれているからです。
これによって腸内の環境を整え、免疫機能が高まることによって、アレルギー症状を抑えることができるのです。

1日に2〜3ティースプーンをなめる

どろっとした濃厚なマヌカハニーですから、ティースプーンですくって、なめるのがおすすめです。
もちろん、コーヒーや紅茶、ホットミルクに入れたり、トーストに塗るのも摂りやすい方法です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク