スポンサーリンク

コーヒー代用品
仕事の合間のコーヒーブレイク。
何故か飲みたくなってしまう、そう中毒性のある嗜好品ですね。
そのコーヒーのカフェインが身体に悪いかもと聞いたことありませんか?

いわゆるカフェイン中毒という言葉が表すとおり、コーヒーのカフェインは脳の中枢神経系などに働きかけ、依存性を引き起こす、一種の薬物なのです。

もちろん、コーヒーがすべての人に害悪を与えるというわけではありません。
ガンの予防に効くという説もあり、コーヒーは悪だというつもりもありません。
そして、カフェインはコーヒーだけに含まれるものでもなく、紅茶や緑茶、コーラやチョコレートにも入っています。
とはいえ、個人的にはコーヒーをたくさん飲んだ後に覚える身体の不調がはっきりと感じられるのです。それこそが、コーヒーは身体に悪いといえるものでしょう。

コーヒーの身体に及ぼす悪影響

1.依存性

カフェインは習慣的に飲み続けると生理的に欲してしまう、依存性の高くする成分です。
お酒やタバコのよりは弱いものの、中毒となる可能性がある食品です。
毎日大量に何杯も飲んでいる人は、飲むのをやめると、不安になったりイライラしたりなど禁断症状が出る人もいるほど。そういう意味で危険な成分ですね。

2.カルシウムの流出

骨からカルシウムを溶かして尿として排出させる傾向があります。
骨粗鬆症になるリスクが高い中高年の女性の方は特に要注意です。

3.胃の不快感と胸焼け

カフェインは胃液の分泌を促進します。
胃液は強い酸なので、空腹であると胃の粘膜を傷つけ、胃炎や胸焼けの原因を作ります。
私は胃の不快感および胸焼けがひどいため、カフェインレスを決意しました。

4.不眠

コーヒーを飲むと集中力がアップするのは、カフェインの覚醒作用のおかげ。
つまり、これが悪く働くと、ずっと興奮が続き、眠れなくなるわけです。
良質な睡眠の妨げとなりますね。不眠症と思ったら、午後のコーヒーを控えるほうが良いかもしれません。

5.貧血

カフェインは鉄分や亜鉛の吸収を妨げるともいわれています。
日頃から貧血気味の方は要注意です。

6.情緒不安定

カフェインで気持ちが高揚するということは、それが切れると落ち込んでしまいます。ネガティブに考えがちな人は、食べ物などで気持ちをポジティブにするのは注意したほうがよいかもしれません。

ここまでコーヒーが身体に与えるデメリットをあげてきましたが、もちろん、良いところもたくさんあります。
集中力を高め、眠気をさましたり、消化を助けたり、利尿作用というデトックス効果もあげられます。

ただ、前述した貧血、胃炎、骨粗鬆症などが気になる方、特に妊婦の方、授乳中の女性、更年期の女性などはとりすぎに注意するほうがよいですね。
そこで、コーヒーの代用品を紹介します。

たんぽぽコーヒー

古くから代用コーヒーの代表格だったたんぽぽコーヒー。出生はポーランド。そこからヨーロッパ全体に広がりました。

たんぽぽコーヒーはたんぽぽの根を乾燥し焙煎したもので、粉状にしてお湯で抽出します。
もともとたんぽぽは蒲公英(ほこうえい)という名前の漢方薬です。
老廃物や余分な水を排出する利尿作用、解熱作用としても使われます。


また、イヌリンという食物繊維も含むため、便秘解消にも活躍します。
利尿作用、便秘やむくみ解消ということで、水太りの方のダイエットにも期待ができますね。

国産無添加のたんぽぽコーヒー

玄米コーヒー

日本でも中国でも古くから飲まれていたという玄米コーヒー。
これは玄米を焙煎したものを粉状にしたもので、カフェインフリーのコーヒー代用品。

味は、酸味がないちょっと苦味のある香ばしいコーヒーのようなもの。
その効能の一つは、腸内の毒素を吸着して排出するデトックス効果。便秘さらにはむくみを改善することも期待できます。

さらに、玄米に含まれるポリフェノールの一種であるγ(ガンマ)-オリザノールが血糖値の低下、コレステロールや中性脂肪の増加を抑制する働きがあると言われています。

玄米といえば、白米と比較してビタミンB群の多さや食物繊維、ミネラルなど栄養豊富な食物。
それが玄米コーヒーの魅力ですね。

お米だけで作った玄米コーヒー



まとめ

依存性が強く、胃の不快感、胸焼け、不眠などを引き起こすカフェインを多く含むコーヒーを、減らしたいあるいはやめてしまいたいという人は少なくないでしょう。

そんなトレンドに合わせて、コーヒーの代用品となる飲み物として、たんぽぽコーヒーや玄米コーヒーを愛飲する人が増えてきました。

カフェインレスだけでなく、デトックス効果が高い玄米コーヒーと、たんぽぽコーヒー。
いろいろな種類をえらんで試してみてはいかがでしょうか。


 

スポンサーリンク

スポンサーリンク