スポンサーリンク


スポンサーリンク

「抜け毛、白髪を食べ物で改善したい」
「髪のトラブルは、普段の食生活や習慣が原因?」
というあなたへ。

抜け毛や薄毛、白髪の改善する方法を、薬膳的な食べ物、生活習慣からご紹介します。



髪の毛のトラブルの原因は、頭皮環境とストレスなどの内的環境が影響します。

シャンプーや整髪料などが毛穴につまることで血行が悪くなることも、トラブルの原因ですね。

東洋医学では血の不足が一つの原因とも。
髪の毛は女性ホルモンと関係が深いもの。女性ホルモンが多ければ髪の毛は増え、女性ホルモンが減ってくると抜けてくるのです。
閉経を迎え、女性ホルモンが減る時期、抜け毛で悩む人が多いですよね。

女性ホルモンはエストロゲン。これに似た成分がイソフラボンです。
大豆や大豆製品、豆乳などでイソフラボンを取ることが女性ホルモンを増やし、さらには血行促進も期待できます。
血行促進には頭皮マッサージも有効です。

アミノ酸系のシャンプーで優しく洗髪した後、頭皮をマッサージし血行を良くしましょう。
ちなみにアミノ酸系シャンプーは、洗浄力がアミノ酸で強い石油系界面活性剤ではない分、体に害はすくなく、タンパク質を構成し、抜け毛に悩む方におすすめです。

腎虚

東洋医学的には、抜け毛や白髪などエイジングに関するトラブルは腎という臓器が弱っているとされます。
腎とは、全身のエネルギー(精)を蓄える臓器です。

腎虚の主な症状

・白髪が多くぱさつきやすい
・膝や腰が重たい
・忘れっぽい
・疲れやすい
・耳鳴り

薬膳で腎によい食べ物は黒い食材

黒ごまは、エイジングトラブルの改善に有効です。
髪の毛だけではなく、肌がぱさつくなどの老化を感じる人にもおすすめです。
黒い食材の中では、黒米や黒豆、ひじきも同様に加齢がきになる人の予防に良い食材。血行も良くなると言われています。

黒豆ひじきごはんは腎の働きをよくして、アンチエイジングにぴったりです。

さらに、くるみも老化防止が期待できます。

豚肉や魚介類も腎の働きをよくする食材です。
髪の毛はケラチンというタンパク質でできているので、動物性蛋白質である肉類は髪の毛の栄養に不可欠。
良質の肉を食べて、髪の毛に栄養をとることも大切です。
食物からとったタンパク質は体内で一度分解され、再合成されます。そのとき欠かせない栄養分が亜鉛。そのため、亜鉛も重要な栄養素になります。
亜鉛は牡蠣、海藻類、レバー、赤みの肉、ナッツ類、ごま、大豆、ほうれん草などに多く含まれます。





まとめ

抜け毛や白髪などは、老化の現象。
エイジングのトラブルには腎が弱っていると考えられます。

頭皮の血行を促進し、腎の働きを強める食事をとることがおすすめです。

おすすめの食材

大豆、豆腐、黒ごま、黒豆、ひじき、黒米、くるみ、豚肉、魚介類、赤みの肉、牡蠣、海藻類、レバー、ほうれん草など。

頭皮の血行促進のため、頭皮のマッサージをシャンプー後にしましょう。

スポンサーリンク