スポンサーリンク

「サラサラつやつやの髪って美容室に行った日だけ。プロの技だから自分では絶対に無理」
「うるツヤ髪のモデルは、プロ仕様の特別なケアをしているから。」
なんて、うるツヤ髪を諦めていませんか。

うるツヤ髪を作るのに、プロ仕様の特別ケアなんて必要ありません。
といっても、髪には神経があるわけでもないので、自分だけの力でアンチエイジングできるわけでもありません。
うるツヤ髪をキープするためには、日々のお手入れを続ける必要があるのです。

うるツヤ髪を作る日常のお手入れ方法

日々のお手入れのアイデアです。

ポイントは、髪の毛のキューティクルの方向を整える、シャンプーやトリートメントで必要な栄養素を与える、頭皮のケアです。
1.キューティクルの方向を整える。
うるツヤ髪はキューティクルが整い、それが光にきれいに反射することでツヤツヤに作るのです。

そのためには、
・てぐし、ブローやアイロンでキューティクルの方向を揃える。
ブローやアイロンは、風や熱の力で、毛先に向かってキューティクルの方向を揃えるイメージでお手入れします。

熱によるダメージは、短時間で同じ箇所に集中して当てなければ、ダメージを与えることを避けられます。
・普段から、髪の毛の根本から毛先に向けて手でよく触り、キューティクルの方向を整える。
熱を加えなくても、手で髪をなでつけるように、根元から毛先に触ることも効果的です。
いわゆる手ぐしという方法でも、キューティクルの方向が揃うだけでなく、人間が本来持っている手や髪の脂分が浸透し、自然なツヤを出してくれます。

2.適切なシャンプーやトリートメント剤を使う。
・自分の毛髪タイプにあったシャンプー剤やトリートメント剤を選ぶ
ボサ髪をダメージヘアと思って、ダメージヘア用の高価なシャンプー、トリートメントを毎日続けても、効果は得られません。
ボサ髪の原因を理解し、改善したいポイントにあったシャンプー、トリートメント剤を選びましょう。
最近は剤の進歩がめざましいので、なりたいスタイルや髪質に合わせて選ぶことができ、髪質や仕上がりに差がでます。
特に加齢によるボサ髪には、トリートメントでキューティクルを保護し、18種類のアミノ酸を補うことを意識すると良いです。

3.頭皮のたるみを改善するケア
ボサ髪は頭皮のたるみ、老化現象から起こるもの。
シャンプーをこするから、頭皮をマッサージするに変えることで改善できます。

頭皮をゴシゴシとこする洗い方は古いやり方。
頭皮も肌の一部ですから、こすらず、頭皮に指をあてたらそのまま指の腹でグッグッと押すように洗います。
汚れが浮き上がることで毛穴がきれいになり、頭皮が整います。
頭皮と毛穴が整えば、若々しいきれいな髪がはえてきます。

頭皮のたるみは顔のたるみにもつながるのですから、シャンプーもスキンケアの一部と心得ましょう。

まとめ

日常のケアに目的に合った工夫を凝らすだけで、うるツヤ髪を手に入れることができます。
1.てぐしやブロー、アイロンなどでキューティクルの方向を整える。
2.シャンプー&トリートメントは髪質に合ったものを選び、必要な成分を補うこと。
加齢によるボサ髪は18種類のアミノ酸を上手く取り入れることで改善。
2.頭皮のマッサージで、老化した頭皮のたるみを改善する。
ほんの少し、日常ケアに工夫をするだけで、うるツヤ髪に変身できます。

ダメージ補修訴求バナー

スポンサーリンク

スポンサーリンク