スポンサーリンク

ひと昔前には必ずセットで買っていた、シャンプーとコンディショナー。
その前にはシャンプー&リンスでしたね。

「ツヤ髪というと、コンディショナーも必要?」という疑問が。
今どきの普通のツヤ髪お手入れでは、リンスもコンディショナーも特に必要ありません。
「じゃあ、ツヤ髪に必要なのは何?」「コンディショナーの役割は?」について、調べてみました。

コンディショナーとは

コンディショナーとはいわゆるリンスのことです。
コンディショナーとリンス、同じものだったんですね。
シャンプー&リンスが、ある時からコンディショナーに変化して、ツヤツヤ効果アップというイメージでしたが。

そもそもリンスやコンディショナーは、髪の表面のキューティクルをコーティングして保護する役割。
その昔、石鹸で洗髪し、アルカリ性に傾いた髪を酸性の酢などで中和して、指通りを良くしていたのが始まりです。

髪は真ん中に18種類のアミノ酸から構成されていてがあり、その周りをウロコ状のキューティクルがおおっている構造です。

日本人の髪はアミノ酸が豊富なのですが、キューティクルはとても薄い。
キューティクルが剥がれやすくアミノ酸も流出しやすいので、髪の表面を守るコンディショナーよりも、流出したアミノ酸を補うことが求められるようになりました。
コンディショナーからトリートメントへ

流出しやすいアミノ酸などの栄養素を補うのが、
トリートメント。
トリートメントのほうが日本人の髪質にはあっているのです。

トリートメントとコンディショナーのダブル効果

では、「トリートメントしたあと、コンディショナー必要か」という疑問。

普通の日本人の髪質の人には不要です。
なぜなら、トリートメントはコンディショナーの機能も兼ねるため、ダブル使いすると髪が重くなるのです。

ただし、髪質が細くて硬くコシのある人。欧米人に多い髪質の人は、コンディショナーの方がツヤ髪効果が出ます。
欧米のホテルでは、アメニティーにおいてあるのがコンディショナー。納得ですね。

また、極端に乾燥している場合は、トリートメントとのダブル使いも効果があります。

トリートメント&コンディショナーの使い方

トリートメントの後にコンディショナーを使います。
トリートメントで栄養分を補給した後にコーティングをするためです。

コンディショナーは毛先から髪の根元10センチのところまで、つけていきます。
地肌に直接つけるのは厳禁です。
すすぎきれず、かゆみや臭いの原因になります。



ダメージ補修訴求バナー

スポンサーリンク

スポンサーリンク