スポンサーリンク

薄毛には育毛シャンプーや育毛剤が効くの?育毛剤は予防で使ってもいいの? 育毛剤はいつから使う?

スポンサーリンク

薄毛は、毛穴の中にある毛母細胞の衰えが原因です。

毛母細胞に血液やリンパから流れてくる栄養分で髪の毛が生まれ、成長しますが、毛母細胞が衰えると栄養も十分には届かず、髪の毛が細くなる、うねりが出る、毛穴がお休みして生えなくなるなどで薄毛となります。 徐々に衰える頭皮は、顔の肌と同じです。保湿や栄養分の補給、そしてアンチエイジングのための美容液。肌には早くからケアを始めるように、髪の毛の栄養補給も衰えが見える前から始めるべきです。 育毛剤を予防という意味で使うなら、毛母細胞が衰え始める35歳から使うことをおすすめします。



薄毛予防

35歳をすぎたら、薄毛予防を始めましょう。方法は簡単。

シャンプーで頭皮の毛穴に詰まった皮脂をしっかり落とし、育毛剤で保湿しながらマッサージをしてあげること。

頭皮を肌と同じようにケアしておくことで5年後10年後の髪のふさふさ、つやつや感が全く違ってくるのです。

育毛剤について

育毛剤にはセラム美容液、頭皮用エッセンスなど、様々な名称と種類があります。

どちらも頭皮の血流を良くして毛根の働きを活性化させる働きがあります。

育毛の成分としては、センブリエキス、グリチルリチン酸、酢酸トコフェロール、パントテニルエチルエーテル、ピロクトンオラミン、セフォランチン、フルボ酸、リデンシルなどとなります。これらが2つ以上配合されていると、育毛剤としての効果は期待できるでしょう。   使い方は、シャンプーの後、髪の分け目に直接つけ、1分ほどマッサージをしてください。 両手の指の腹で頭皮全体を動かすように揉みほぐすだけの簡単なもので充分効果があります。 ポイントは、頭皮が清潔な状態で、血液循環の良い入浴後に行うこと。育毛剤が浸透しやすく、マッサージの効果も高まるためです。




男性用の育毛剤は効く?

ネット上では男性用の育毛剤の情報がたくさんありますね。

これらが女性に効く?夫婦で一緒に使える?という疑問もあると思います。

全く効果がないわけではないのですが、男性と女性では薄毛の原因が違います。男性は男性ホルモンの過剰分泌や遺伝的要素のために薄毛になる方が多いです。一方、女性は生活習慣や細胞への栄養不足、乾燥などが原因となります。そのため、女性用の育毛剤には栄養を補う成分、保湿成分などが含まれています。 予防も含めて、女性特有の悩みに応えた女性用の育毛剤を使うことをおすすめします。

育毛剤、育毛シャンプーを使った薄毛対策のヘアケア方法

薄毛の方は、毛穴に老廃物が詰まっている人が多いようです。それは日頃のシャンプーで頭皮の毛穴汚れがとれていないということ。 シャンプーが十分でないほか、トリートメントなどが頭皮に付着しているケースもあります。 まずは普段のシャンプーでしっかりと老廃物を取り除き、頭皮の健康を取り戻しましょう。  1.シャンプーの前に、頭皮マッサージ。軽く頭皮を指でおさえ、皮脂や老廃物を毛穴からうかす。 2.育毛シャンプーで頭皮をしっかりと洗浄する。ここでも、頭皮をごしごしこするのではなく、毛穴から老廃物を押し出すように、指で頭をおさえながら洗髪。 3.すすぎはしっかりと。トリートメントなどは髪の根元から10センチより下、髪の先につけること。頭皮には絶対につけない。トリートメントが頭皮につくと、それが残って老廃物となりやすい。抜け毛の原因に。

特別なケア・頭皮のクレンジング

頭皮から油っぽい臭いがするようであれば、頭皮クレンジングをして、毛穴汚れをきれいにしましょう。

シャンプーの前に使います。マッサージをしながら毛穴の汚れを搾り取ります。小鼻の角栓のような白いぽろぽろが頭皮の毛穴から出てくるのを見ることができます。  クレンジング後はシャンプーとトリートメントで洗い流しましょう。 ドライ後、育毛剤で栄養を。 毛穴の汚れがなくなり、血行も良くなっているこの状態が、最も育毛剤が浸透しやすい時。保湿し、しっかり栄養を与えておきましょう

スポンサーリンク